当社の特徴

特徴 1 65年の豊富な経験と実績

当社は、創業から65年間、木箱から始まり、 ダンボールケースの製造業として51年手がけてまいりました。その豊富な経験と実績により、短納期でオーダー製品を製造して提供させていただきます。
また、幅広い協力会社との連携もあり、あらゆるニーズに対応できるよう務めております。

 

特徴 2 ベテランスタッフによる高い技術力

当社のスタッフは、キャリア15年以上の高度な技術を持ったスタッフ揃いです。
丁寧なアドバイスで満足のいく商品をご提案します。

 

特徴 3 豊富な在庫品

当社は、梱包発送に最適なケースの在庫品が豊富です。

例えば、A4が入るサイズの既製品は、深さのバリエーションが4センチから35センチまで

ほぼ1センチ刻みに在庫しておりますので、品物を確認してからオーダーをしても

すぐに手に入ります。

会社概要

会社名 上田梱包工業株式会社(東京ダンボール販売センターは屋号です)
所在地

〒135-0021

東京都江東区白河3−8−10

電話 03-3641-8813
FAX 03-3641-8547
拠点

上田梱包工業(株)本社、工場、在庫倉庫

代表者 代表取締役 岡 清敬
資本金 1000万円
取引金融機関 みずほ銀行 深川支店、東京東信用金庫 深川北支店、きらぼし銀行 深川支店

主な事業内容

or

取り扱い製品

段ボールケース製造販売

梱包用ダンボール(B5サイズ、A4サイズ、B4サイズの様々な高さの在庫のご用意があります。在庫一覧をご覧ください)

クラフトテープ、PPバンド、その他包装資材全般

沿革

昭和23年 創業者の岡清助により、会社の前身となる「上田製箱所」設立。木箱の製造に着手。
昭和33年 事業拡張のため、工場の増設。
昭和37年

社名を「上田梱包工業株式会社」に改名する。

それを機に、ダンボールケースの製造に着手。

昭和49年 印刷機、ジュセット機を設置。
昭和62年

プリンタースロッター、フォルダーグルアーを設置。

平成4年 資本金を1000万円に増資。
平成14年

長男、岡清敬が代表取締役社長として就任。

平成15年

梅谷製作所製のプラムミュープリンタースロッターを導入。

平成23年

 インターネット販売「東京ダンボール販売センター」設置

会社名称のご案内

東京ダンボール販売センターの会社名称は、インターネット販売での事業拡大の目的のため、ネット用に付けられました屋号です。しかし、運営会社の上田梱包工業株式会社とも同じ事務所、スタッフ等で行われているために色々と皆様には不可解な面も感じておられるのでは?と感じております。
その都度、お客様にはご説明をさせていただいてはおりますが、何かご質問等がございましたら遠慮なくお問合せください。

▲このページのトップに戻る