ケースの形状の種類

ダンボールケースには、用途に応じて様々な形状が可能です。御相談ください。

みかん箱(A式)JIS規格コード番号0201

     一番一般的に使用されている形。

     抜型が要らないため安価で早くできるメリットがある。

     上下にテープをはる必要がある。

 

A.jpg     A式展開2.jpg

ヤッコ式(タトウ式)JIS規格コード番号0401

     書籍やポスターなど厚み(深さ)の低いものに適してます。
    
 抜型が無くても作ることができますが、数が多い場合やより
     綺麗に作りたい場合は、抜型使用での作成をお奨めします。

ヤッコ2.jpgヤッコ展開2.jpg

 

ワンタッチケース(底ワンタッチ蓋B式)JIS規格コード番号0713

     蓋は差し込み式なので、開け閉めが何回もできます。     

     底に糊が貼られているため、開くとそのまま組立てができます。

     テープを貼る必要もないので、時間や手間が掛からず便利なケースです。

     ただ抜型代が初回にかかるのと、アメリカンロック式(底組式)に

     比べると割高になります。

ワンタッチ2.jpgワンタッチ展開2.jpg

 

底アメリカンロック式蓋B式(底組式)JIS規格コード番号 0215

     蓋は差し込み式なので、開け閉めが何回もできます。

     底は糊付されておりませんが、一度組むと抜けませんし、テープも不要です。

     たたんで保管する時もワンタッチケースよりは安定感があるので

     高く積み上げられます。

     抜型は必要ですが、ワンタッチよりは単価が多少安くできます。

アメロク2.jpgアメロク展開2.jpg

キャラメル式(B式)両サック式 JIS規格コード番号0210

        蓋と底が同じ形になっております。底にする方は場合によっては、
        テープ止めも必要となります。ワンタッチ式やアメリカンロック式では
        作れない幅の薄めの寸法に対応できるのが特徴です。
        また両蓋部分に印刷をかけることができます。

 

 キャラメル2.jpg  キャラメル展開2.jpg

N式(組立箱)

     あまり厚みの無いものを梱包するのに適しております。

     底がフラットで綺麗な仕上がりになります。

     納品時は組み立っていない状態で保管に場所をとりません。

     ただし組立に多少時間がかかります。

N式2.jpgN式展開2.jpg

 オーバーフラップ(完全重ね合せ)

CIMG1380.JPG

みかん箱(A式)のフタ部分が完全に重ね合わさるタイプのケースです。
ポスター用ケースでご紹介しておりますが、底とフタが二重なので
商品をより保護できます。

ダンボールケースの形状

オーバーフラップ(重ね合わせ)

CIMG1380.JPGみかん箱(A式)のフタ部分が完全に重ね合わさるタイプのケースです。

ポスター用ケースで御紹介しておりますが、底とフタが二重なので

商品をより保護できます。

 



C式ケース  0301形         

  C式加工.png身と蓋に分かれているケースです。

何度も開け閉めができるのと薄い額縁のようなものに適しております。 

但し、納品時に嵩張るので遠方のお届けは運賃コストがかかります。


 


板ダンボール(パット)仕切り板

      箱の底などに敷いたり、仕切ったりするのに使用します。

ita.gif

材質について

段ボールには、何種類かの材質がございます。用途や重量により、適切なものをお選びします。

ダンボールは構造的に見ると、波型に成形された中芯とその両側にライナーを貼りあわせることによって、すぐれた強度と衝撃吸収性に富んでおります。
一般的に両面ダンボール(シングル)複両面ダンボール(ダブル)があります。

 

[シートの種類]
    B段シート.jpg

Bフルート 約3ミリの厚み

 

A段シート.jpg

Aフルート 約5ミリの厚み

 

W段シート.jpgWフルート 約8ミリの厚み

 

E段シート.jpgEフルート 約1ミリの厚み

 

さらに中芯ライナーが何種類かあります。

[ライナーの種類] 波芯の両側に貼り合わせる紙の種類です

          C5ライナー・・・1uあたり160gで、ほとんど古紙によって作られた紙です。

     K5ライナー・・・1uあたり180gで、C5にくらべると少し古紙の量が
              少なく強度が増します。

     K6ライナー・・・1uあたり220gで、K5よりさらに強度が増します。

 [中芯]

        中芯120g・・・一番一般的なものです。

     中芯160g

        中芯180g・・・120g、160gにくらべ強度が増します。

     強化芯180g・・・何段もの箱を積み上げたりしても潰れにくいです。

     強化芯200g・・・ダブルダンボールより安いので、コストダウンの目的で
               使用されます。但し、枚数に制限があり、小ロットでは
               受けられません。     

    なかなか上記の説明だけで適切な材質を知るのは難しいです。
       内容物の種類、保管状態、発送条件などでもどれが適正かは
       異なりますので、とにかくご相談ください。

 

 

 

▲このページのトップに戻る